【Teams】PowerShellでメッセージングポリシーを割り当てる方法

スポンサーリンク


Teamsのポリシーの一つである「メッセージングポリシー」をPowerShellで付与します。

複数のアカウントにポリシーをまとめて付与することができるので、付与漏れなどのミスを防ぐことができます。

Teams でメッセージング ポリシーを管理する - Microsoft Teams
メッセージング ポリシーについて、および Teams でメッセージング ポリシーを使用してチャット メッセージングを制御する方法について取り上げます。
スポンサーリンク

PowerShellでTeamsに接続

まずはPowerShellを起動してTeamsに接続します。

接続方法についてはこちらをご覧ください。

【Office365】PowershellでTeamsに接続する方法
PowerShellのコマンドを使ってTeamsに接続する方法を紹介します。 ポリシーの変更を一括で変更する場合に必要となります。 PowerShellの起動 「Windows PowerShell ISE」を管理者として...

CSVファイルを準備

メッセージングポリシー「salesDev」を作成した前提での説明となります。

メッセージングポリシーを付与するユーザの一覧をCSV形式で準備します。

UserPrincipalName, TeamsMessagingPolicy
user1@example.com, salesDev
user2@example.com, salesDev
user3@example.com, salesDev

CSVファイルはUTF-8形式で保存してください。
※Excelで作成して、保存する時に「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)」を選択

PowerShellコマンドの実行

下記の構文を環境に合わせて書き換えてください。

Import-CSV <CSVファイルフルパス> | foreach { Grant-CsTeamsMessagingPolicy -Identity $_.UserPrincipalName -PolicyName $_.TeamsMessagingPolicy; }

例えばCSVファイルをCドライブのTempフォルダに「MessagePolicy.csv」というファイル名で保存した場合

Import-CSV C:\Temp\MessagePolicy.csv | foreach { Grant-CsTeamsMessagingPolicy -Identity $_.UserPrincipalName -PolicyName $_.TeamsMessagingPolicy; }

その他のポリシー設定

【Teams】PowerShellでチームポリシーを割り当てる方法
Teamsのポリシーの一つである「チームポリシー」をPowerShellで付与します。 複数のアカウントにポリシーをまとめて付与することができるので、付与漏れなどのミスを防ぐことができます。 チームポリシーは「プライベートチ...