AWSで構築したUbuntuにAWS CLI v2をインストール

スポンサーリンク

AWS CLI バージョン2をインストールしてみたので、その方法についてメモ書きです。

AWSを運用管理していく中では必須の機能となり、何かを「自動化したい」場合に役立ちます。

AWS CLI(コマンドラインインターフェース)については公式サイトに詳細があります。
リファレンスも揃っているので、活用していきましょう。

AWS コマンドラインインターフェイス(CLI: AWSサービスを管理する統合ツール)| AWS
AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) は、AWS サービスを管理するための統合ツールです。ダウンロードおよび設定用の単一のツールのみを使用して、コマンドラインから複数の AWS サービスを制御し、スクリプトを使用してこれらを自動化することができます。
スポンサーリンク

インストール

curlコマンドでインストーラを取得します。
「awscliv2.zip」という名前で保存しています。

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"

unzipコマンドで解凍するのですが、unzipがインストールされていない場合はまずインストールしてください。

$ sudo apt install unzip -y

解凍します。

$ unzip awscliv2.zip

インストールします。

$ sudo ./aws/install

インストールが正しく完了しているかバージョン情報を表示して確認します。

$ aws --version
aws-cli/2.8.13 Python/3.9.11 Linux/5.15.0-1023-aws exe/x86_64.ubuntu.20 prompt/off

AWSのEC2を使用してV2RAYを構築

V2RAYサーバをAWSのEC2で構築すれば1年間ほぼ無料のはず
コロナウイルスの影響で上海への道は閉ざされたままの状態が1か月以上続いています。 1年後には最近のこの状態を笑って振り返ることができれば幸せです。 中国と言えば「中国からTwitterやFacebookが利用できない」なんて...