AWS CLI v2を使ってEC2インスタンスの情報を取得

スポンサーリンク

AWS CLI バージョン2を使って特定のインスタンスの情報を取得してみます。

AWS CLIのインストールがまだできていない場合はこちらから実施してください。(Ubuntu環境で実施しています。)

AWSで構築したUbuntuにAWS CLI v2をインストール
AWS CLI バージョン2をインストールしてみたので、その方法についてメモ書きです。 AWSを運用管理していく中では必須の機能となり、何かを「自動化したい」場合に役立ちます。 AWS CLI(コマンドラインインターフェース)に...
スポンサーリンク

AWS CLI設定

AWS CLIを使うにあたり事前に設定しておく必要がある項目があります。

$ aws configure

次の項目を設定します。
「AWS Access Key ID」
「AWS Secret Access Key」
「Default region name」
「Default output format」

「AWS Access Key ID」、「AWS Secret Access Key」についてはIAMでユーザを作成し、発行してください。

インスタンス情報の取得

次のコマンドで指定したインスタンスの情報を取得してみます。
「i-XXXXXXXXXXXXXXXXX」には情報を取得したいEC2インスタンスのインスタンスIDを指定してください。

$ aws ec2 describe-instances --instance-ids i-XXXXXXXXXXXXXXXXX

次はここで取得したインスタンス情報の中から「PublicIpAddress」を抽出してみます。

jqインストールしてPublicIPを取得

取得したインスタンス情報をフィルタするためのjqコマンドをインストールします。

$ sudo apt install jq -y

インストールが出来たら実際にjqコマンドでフィルタしてみます。

$ aws ec2 describe-instances --instance-ids i-XXXXXXXXXXXXXXXXX | jq '.Reservations[].Instances[] | .PublicIpAddress'

これでPublic IPアドレスを取得することができます。

"xxx.xxx.xxx.xxx"