【Ubuntu】cronの実行結果をログに出力する方法

スポンサーリンク


cronを設定してみたものの、設定の時間になっても動いている気配がない場合はcronのログファイルを確認してみる必要がありますが、デフォルトではログファイルの出力がコメントアウトされています。

cronの実行ログの出力設定方法について紹介します。

スポンサーリンク

試した環境

今回、試した環境です。

cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="18.04.5 LTS (Bionic Beaver)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 18.04.5 LTS"
VERSION_ID="18.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=bionic
UBUNTU_CODENAME=bionic

設定ファイル

50-default.confを開きます。

vi /etc/rsyslog.d/50-default.conf

#cron.*の先頭の「#」を外します。

#cron.*                         /var/log/cron.log

↓↓↓

cron.*                         /var/log/cron.log

書き込みできるように権限を変更しておきます。

chmod 646 /etc/rsyslog.d/50-default.conf

rsyslogのサービスを再起動してください。

service rsyslog restart

cron実行ログの場所

cron実行ログは先ほどの設定ファイルに書かれている通り「/var/log/cron.log」に出力されます。