【Office365】PowerShellで削除したユーザーを復元する

スポンサーリンク


年度末の棚卸でユーザーを大量に削除した後に削除してはいけないユーザーがいた事に気付いた時にPowershellを使ってまとめてユーザーを復元する方法です。

スポンサーリンク

Azure ADに接続

Azure Active Directory PowerShellモジュールを使用します。
まずはPowerShellを起動してAzure ADに接続します。

接続方法についてはこちらをご覧ください。

【Office365】PowershellでMSOnline Moduleを使うためにAzure Active Directory(Azure AD)に接続する方法
MSOnline Moduleを利用する場合にはAzure ADへの接続が必要です。 MSOnline ModuleはGet-MsolUserやGet-MsolGroupなどのようにコマンドに「Msol」を含んでいます。 ...

CSVファイルを準備

パスワードを変更するユーザの一覧をCSV形式で準備します。

UserPrincipalName
user1@example.com
user2@example.com
user3@example.com

CSVファイルはUTF-8形式で保存してください。
※Excelで作成して、保存する時に「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)」を選択

PowerShellコマンドの実行

下記の構文を環境に合わせて書き換えてください。

Import-Csv -Path “CSVファイルパス” | ForEach-Object {Restore-MsolUser -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName;}

Import-Csv -Path "CSVファイルパス" | ForEach-Object {Restore-MsolUser -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName;}

例えばCSVファイルをCドライブのTempフォルダに「RestoreUser.csv」というファイル名で保存した場合

Import-Csv -Path “C:\temp\RestoreUser.csv” | ForEach-Object {Restore-MsolUser -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName;}

Import-Csv -Path "C:\temp\RestoreUser.csv" | ForEach-Object {Restore-MsolUser -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName;}

UserPrincipalNameが合致するユーザーを復元します。