【Teams】PowerShellでチームをまとめて削除する方法

スポンサーリンク


TeamsのチームをPowerShellでまとめて削除します。

年度末に不要になったチームをまとめて削除したい時に1件ずつ手動で削除するのではなく、PowerShellで削除しましょう。

スポンサーリンク

PowerShellでTeamsに接続

まずはPowerShellを起動してTeamsに接続します。

接続方法についてはこちらをご覧ください。

【Office365】PowershellでTeamsに接続する方法
PowerShellのコマンドを使ってTeamsに接続する方法を紹介します。 ポリシーの変更を一括で変更する場合に必要となります。 PowerShellの起動 「Windows PowerShell ISE」を管理者として...

CSVファイルを準備

削除するチームの一覧をCSV形式で準備します。

ここで指定するGroupIDはチームに付与されている一意なIDです。

Get-Teamでチームの一覧を取得するとIDも表示されます。

GroupId
aaaaaaaa-1111-aaaa-1111-aaaaaaaaaaaa
bbbbbbbb-2222-bbbb-2222-bbbbbbbbbbbb
cccccccc-3333-cccc-3333-cccccccccccc

CSVファイルはUTF-8形式で保存してください。
※Excelで作成して、保存する時に「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)」を選択

PowerShellコマンドの実行

下記の構文を環境に合わせて書き換えてください。

Import-CSV <CSVファイルフルパス> | foreach { Remove-Team -GroupId $_.GroupId; }

例えばCSVファイルをCドライブのTempフォルダに「DeleteTeam.csv」というファイル名で保存した場合

Import-CSV C:\Temp\DeleteTeams.csv | foreach { Remove-Team -GroupId $_.GroupId; }

削除したチームの一覧

削除したチームを確認するために一覧表示してみます。

Azure Active Directory PowerShellモジュールを使用します。
まずはPowerShellを起動してAzure ADに接続します。

接続方法についてはこちらをご覧ください。

【Office365】PowershellでMSOnline Moduleを使うためにAzure Active Directory(Azure AD)に接続する方法
MSOnline Moduleを利用する場合にはAzure ADへの接続が必要です。 MSOnline ModuleはGet-MsolUserやGet-MsolGroupなどのようにコマンドに「Msol」を含んでいます。 ...

一覧表示するコマンドはGet-AzureADMSDeletedGroupです。

ただ100件までしか表示されません。100件以上確認する場合はAllパラメータを付与して実行してください。
Get-AzureADMSDeletedGroup -All 1

削除したチームを復元

削除してはいけないチームを削除してしまった場合、30日以内であれば復元することができます

【Teams】PowerShellで削除したチームを復元する方法
前回TeamsのチームをPowerShellでまとめて削除しましたが、削除してはいけないチームを大量に削除してしまいました。 削除したチームをPowerShellでまとめて復元します。 Azure ADに接続 ...