VPN接続エラーを解決するために環境変数v2ray.vmess.aead.forcedを設定

スポンサーリンク


急にVPNサーバへの接続ができなくなり、TwitterやYouTubeにアクセスできなくなりました。
こうなると中国生活のQOLが激下がりするので、一刻も早く解決する必要があります。

世の中には色々なVPNサービスがありますが、自分専用で独占して費用も抑えたVPNサーバが使いたいなら、自分で構築するという手段もあります!!

AWSでV2RAYサーバを構築する手順

V2RAYサーバをAWSのEC2で構築すれば1年間ほぼ無料のはず
コロナウイルスの影響で上海への道は閉ざされたままの状態が1か月以上続いています。 1年後には最近のこの状態を笑って振り返ることができれば幸せです。 中国と言えば「中国からTwitterやFacebookが利用できない」なんて...

AzureでV2RAYサーバを構築する手順

V2RAYサーバをAzureのVirtual Machinesで構築(V2RAYインストール編)
Azureを使ってV2RAYサーバを構築してみます。 前回はAzureの「Virtual Machines」で仮想サーバを立ち上げるところまでやりました。 まだ仮想サーバを構築していない人は、まず仮想サーバを立ち上げてください。...

月額503円の固定料金でVPN構築に使えるサーバならABLENETのVPSを使うのがおすすめです。

仮想CPUが1コア、メモリが0.5GBのプランV0なら1か月503円で利用できます。
V2RAYサーバとして使うだけならこのスペックで問題なしです。

スポンサーリンク

エラーログの確認

V2RAYをインストールしたサーバのログを確認してみます。
ログファイルの出力先は「config.json」に記載してあります。

# vim /usr/local/etc/v2ray/config.json
:
:
  "log":{
    "loglevel": "warning",
    "access": "/var/log/v2ray/access.log",
    "error": "/var/log/v2ray/error.log"
:
:

access.logを確認します。

# vim /var/log/v2ray/access.log

ここら辺にエラーに対して、どのようにしたら良いのか書かれています。
環境変数v2ray.vmess.aead.forcedに「false」を設定しなさいということですね。

VMessAEAD is enforced and a non VMessAEAD connection is received. You can still disable this security feature with environment variable v2ray.vmess.aead.forced = false

エラー対応方法

早速対応していきます。
まずはv2ray.serviceを開いて環境変数を記載します。

# vim /etc/systemd/system/v2ray.service

[Service]のカテゴリーに「Environment=V2RAY_VMESS_AEAD_FORCED=false」を追加します。

[Service]
:
:
:
Environment=V2RAY_VMESS_AEAD_FORCED=false

V2RAYを再起動します。

# systemctl restart v2ray

これで再度、VPN接続ができるか確認します。

自宅Wifiルータに設定しているV2flyのサイトを見てみるとalteridを「0」にするとよいみたいなことも書いてあったので試してみたのですが、私の環境では解決には至りませんでした。

VMess | V2Fly.org
Project V 是一个工具集合,它可以帮助你打造专属的基础通信网络