Google Cloud Platformに作成したプロジェクトを削除・復元する方法

スポンサーリンク


Google Cloud Platformで使わなくなったプロジェクトを削除します。

使わなくなったプロジェクトなのに実は消し忘れているインスタンスとかが残っていると余計なコストが掛かります。

そして、万が一誤ってプロジェクトを削除してしまった場合でも条件によりますが復元することができます。

スポンサーリンク

プロジェクトの削除

不要になったプロジェクト削除します。
まずはGCPにログイン

Google Cloud プラットフォーム
Google Cloud Platform では、Google と同じインフラストラクチャでアプリケーション、ウェブサイト、サービスを構築、導入、拡大することができます。

ダッシュボートを開く

「ホーム」→「ダッシュボード」をクリックします。

プロジェクトを選択

削除するプロジェクトをクリックします。

プロジェクト設定に移動

「プロジェクト設定に移動」をクリックします。

プロジェクト確認

「シャットダウン」をクリックします。
※ゴミ箱マークなので「削除」となっていると日本人には分かりやすいんですけどね。

シャットダウン実行

表示されている「プロジェクトID」を入力欄に入力して、「シャットダウン」をクリックします。

これでシャットダウン(削除)が実行されます。

プロジェクトの復元

万が一、プロジェクトを削除して後に「あっ!!まだ削除してはダメだった(焦)」となっても30日間は保留という状態になっているので、プロジェクトを復元することが可能です。

リソースの管理

「IAMと管理」→「リソースの管理」をクリックします。

削除保留中のリソース

「削除保留中のリソース」をクリックします。

プロジェクトを選択

復元するプロジェクトを選択して「復元」をクリックします。

復元を実行

「復元」をクリックします。