【Ubuntu】SSH接続が自動で切断しないようにする方法

スポンサーリンク


Ubuntuに限った話ではなくLinuxサーバにSSH接続していて、横から別作業が入ってしまうことって良くあります。
その横槍作業を終わらせて、再びVSCやTeraTermに戻ってみたらSSH接続が切断されていた。。。

このSSH接続の自動切断を回避したいと思います。

スポンサーリンク

試した環境

今回、試した環境です。

cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="20.04.3 LTS (Focal Fossa)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.3 LTS"
VERSION_ID="20.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=focal
UBUNTU_CODENAME=focal

自動切断の回避

# vi /etc/ssh/sshd_config

設定を変更します。
新たに2行追加してもいいですし、コメントアウトを外し(#を削除)書き換えてもいいです。

#ClientAliveInterval 0
#ClientAliveCountMax 3

ClientAliveInterval 300
ClientAliveCountMax 3

SSHを再起動して設定を反映させます。

# systemctl restart sshd

この設定で300秒ごとに応答確認をするようになります。
そして3回続けて応答がない場合はSSH接続は自動で切断されます。

LinuxサーバへのSSH接続についてはこちらをご覧ください。

【Ubuntu】SSHサーバのインストールとWindowsからの接続
Ubuntuサーバへの接続ですが、VNCとかでGUIで接続しても良いのですが、基本的にCUIでも全て同じことができるので、貧弱なサーバに鞭打つのはやめてSSHで接続して作業をすることにしました。 試した環境 今回、試した環境...