【Ubuntu】ノートパソコンのサスペンドを無効にしてサーバとして使う

スポンサーリンク


お役御免になったノートPCにLinuxをインストールして、ちょっとしたサーバとして再活用するケースがあると思います。

サーバとして利用する際にノートパソコンを閉じたままでもサスペンドしない設定にしておく方法をご紹介します。

スポンサーリンク

試した環境

今回、試した環境です。

cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="20.04.1 LTS (Focal Fossa)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.1 LTS"
VERSION_ID="20.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=focal
UBUNTU_CODENAME=focal

カバー(蓋)を閉じたときの設定

logind.confを開きます。

vi /etc/systemd/logind.conf

HandleLidSwitchの値を「ignore」に変更します。

#HandleLidSwitch=suspend
HandleLidSwitch=ignore

変更した設定を反映させます。

systemctl restart systemd-logind

 

電源制御の設定

設定 → 電源管理 → サスペンド、電源ボタン
自動サスペンドを「オフ」にします。